ミートスミス厚別店~食べ放題コース¥3980~【20171129】

   

みんなのまちのお肉屋さん ミートスミス厚別店~全152品!!ミートスミス自慢の食べ放題コース¥3980~【20171129】

というタイトルにしたかったのだが、流石に長すぎたので止む無く短縮した。

さて、11月29日。
肉の日である。

しかも!

「いい!」肉の日なのだ。大抵はコラージュにしてしまうが、今回は画像が多いぜぇ~。書き終えてみれば記事も長いぜぇ~。。

数日前から夫が「いい肉の日はどうすんだ?」としきりに尋ねてきていたが、当日まで何となく受け流して過ごした。
夫が訪問してみたいがまだ叶っていないあの店か…まあいいかと気乗りしないが承諾するつもりで彼を会社に迎えに行くと、いい店があるとのこと。

我らが絶大な信頼を寄せているあるお方が大絶賛している焼き肉店がある、食べ放題コースもあるとのことで、ならばそこにしようという事になった。

夫「…厚別なんですよね…」
四「?かまわんよ?」←運転するわけではないので何ら問題無。

何せ今日はいい肉の日だ。混雑必至であろうと、事前に電話予約をした。

車のナビ子では登録がなかったので、私のiphoneのぐるぐる先生のナビ(ぐるナビ?)を起動し現地を目指した。
いよいよ到着が近くなった頃、

夫「牛若丸の近くじゃね?」
四「むしろ牛若丸だった所じゃないかね」

ということで、無事に到着した。本当に以前牛若丸だった店舗だった。

みんなのまちのお肉屋さん ミートスミス(厚別店)だ。

店のロゴマークがリアルな男性なのが印象的だった。
入口で名前を告げると、席へと案内してくれた。2名席が空いているにも関わらず、4~6名座れる広い席を用意してくれていた。時間は19時近く、先客数組といったところか。

店員さんがおしぼりを渡してくれ、単品か放題かを尋ねられ、放題と答えると、システムを説明してくれた。店自体は今年の3/30日にオープンしたとのこと。

放題時間は90分、¥2480、¥2980、¥3980(各税別)の三段階より選択可。
我らは¥3980のコースにした。

このコース選択には裏話があり、店への道中、夫より

夫「¥3980コースなら¥1000私が出しましょうぞ」

との提案があったのだ。

四「¥2980のコースなら¥500出してくれる?」
夫「それはならん!」

という訳で、夫曰くの「私が一番得をする」¥3980コースになったのだ。

注文はタッチパネル式で、画面の様子はwagajaとほぼ同じだった。

まず、七輪が来た。オガ炭の量も配置も良い感じだ。

続いてファーストセットが配された。
ザブトン、◎◎(熟成とかそんな感じ)サガリ、◎◎カルビ、ミックスホルモン(シロコロ、何か、店員さんもど忘れした何か)、山葵も添えられている。


…旨い。しみじみと、旨い。
ホルモンも臭みは皆無。

ファーストセットを堪能しつつも、タッチパネルで次々と注文した。

店を知った時から気になっていた秒殺ミート(特)
なるほど、薄切りで数秒で食べられるとのことでこのネーミングか。
さしずめ焼きしゃぶといったところだろうか。温玉入りのタレで頂いた。勿論激美味だ。

上カルビ?厚切り熟成ハラミ?今となってはよくわからぬ。タッチパネルと卓上メニューで表記に違いがあったり、同じ品でもその時によりスライス状と角切状の時があったので益々わからないのだ。
その部位に最適な切り方をされているのであろうことは伝わった。

この肉は何だろう。牛は間違いない。サンチュに添えられていたコチュジャンも良い加減だった。

そして

厚切り熟成特上牛タン
これだ!いつもてんちょが食べている焼くとパイン状になるこれだ!!と、夫婦そろって妙にテンションが上がった。

この厚切、この肉質。

焼くとパイン状とはこのことよ。
見ているだけでも旨いのだから、食したら勿論超絶美味である。

因みに、3点あれば、分け前は私1、夫2である。
今思えば、4点あっても、私1、夫3だったような気もする。
私は美味しいものを少しずつ多種頂きたいからそれで良いのだ。

シーザーサラダ。
配膳時に店員さんがこちらがストップをかけるまでチーズを削り入れてくれる。
夫はかなり粘っていた。温玉入。

牛ハツ塩味
臭みなし、食感良し、塩だれがしっかりと染み込んでいるのが良い。
レモンだれで頂いた。

ローストビーフ
LINE@の友達登録サービスで頂いた。
タレで頂いても良し、山山葵には卓上の九州醤油を使用する。
そこそこ厚みがあったがこれまたしっとり柔らかく大層美味だった。

ローストビーフの握り2人前
山山葵が散らされている。
ここで我らは気づいてしまった。この店は、米が旨いと。
メニューを見ると、ひっそりと、「おいしい焼き肉には美味しいお米を!スミスのご飯は特A米小平町ななつぼし」と記されており、成程納得、流石よく分かっていらっしゃると店への評価と信頼感が急上昇したのであった。

石焼きローストビーフビビンバ

店員さんが混ぜてくれた。

混ざったビビンバを石鍋の側面に貼付けるようにし、おこげを作ってくれた。正しい混ぜ方、頂き方だ。

桜ユッケとふわふわレバパテ

卵の黄身に絡めて頂く桜ユッケは勿論美味
レバパテは「女子の食べ物ですな」と言いつつ、ほぼ夫がふわふわと頂いた。

牛レバー塩味
勿論臭みなく旨味のみ。焼くとサクっととろりととにかく旨かった。

この辺りで既にお値段相当の満足感を得ており、各々絶賛しながら尚もタッチパネルを操作した。

秒殺(特)再び

厚切りタンも再来

カルビかサガリか

秒殺天国

ネギ塩生牛タン 生に惹かれて。他に比べてやや量が多い気がするが旨いので問題無。

ツラミ 別名コメカミ、ほほ、ほっぺ
味わい深い独特の風味は米を巻いて食べたくなった。

今回は喰いに徹するためにドリンク無にしたが、タッチパネルの「サービス」の所から、お冷、お茶、取皿等を希望できる。

お冷もチンカチンカだ。このようなさりげなくも細かいサービスが大変心地良い。

盛岡冷麺 ハーフサイズ程度のこの盛りが丁度良い。果物も入った正統派。サンチュのコチュジャンで辛味増も可能だ。
冷麺は各種バリエーション有。

タコの炭火焼き
左上のタコがカエルに見えると夫が楽しそうだった。
焼くと水分が出てかさが減るので打撃は少ないものの咀嚼回数が増えるので満腹中枢への刺激はあるかもしれぬ。

レバカツ
染み込ませたソースがここにきても食欲をそそる。マヨも合うヨ。

ジンギスカン
終盤で初の牛以外の肉。肉もタレも旨し。
この辺りでオーダーストップまで残り10分を切ったので、デザートを注文した。

カルビ系またもや。旨いんだもの。

ここでデザートが先に到着した。
この店のデザートは全て自家製で、一人一回一品となっており、タッチパネルではなく、口頭にて注文する。
夫はとろとろプリン、私はパンナコッタにした。
プリンはクレームブリュレのようで、カラメルはしっかりと苦みがあり、全体的に大人味だった。

パンナコッタはさりげなく二層になっており、もっちりとした食感で、酸味があるミックスベリーのソースと良く合っていた。

秒殺(特)再々々。だってだって旨いんだもの。
肉はこれにて。

秒殺天国からの

秒殺ファイヤー

序盤に火消用の氷を頂いたが、こちらの炎は燃え上がっても長時間燃え続けず、比較的早く落ち着くような気がする。その証拠に器に山盛りの氷は1つ使っただけだった。

そして

秒殺と共に最後に届けられた、〆のテールカレー
見るからに濃厚、

スプーンで掬うと牛肉の繊維がその存在を主張する。
濃厚、旨し、やはり白米美味し。流石の夫も腹に溜まったようだった。

お会計ボタンを押すと割勘もしてくれる。
注文履歴を数えた所、デザートまで入れて30品だった。
主にタッチパネルで注文したが、メニュー表にはあるが、パネルに無かった(気がする?)ものもありまだまだ気になるメニューが盛り沢山だ。

 

本日頂いた品々は、全て、大変美味だった。
最上のコースにしたからなのかもしれないが、下の基本コースに品が追加されていくスタイルなので、コースによって肉の質に大きな格差があるとは思い難い。
このような放題には、ややショボ目の肉が紛れ潜んでいたり、高級な品は数量限定だったりすることがあるが、こちらの店ではそのようなことはなく、また、終盤に新たなおしぼりをくれたりと、サービス内容も、店員の対応も大変好感が持てた。
また、食べていて気付いたのだが、時間を気にして焦って注文したり食べることもなく、元をとらねば等の考えがよぎることもなく、そのためか肉のお世話に関して夫から厳しい指摘を受けることもなく、時には網に何も乗っていない時間さえもあったりと(←我が家では非常にレアケース)それは楽しく優雅に食事を楽しむことができたのも大きなポイントであった。
これまで我家では一寸いい肉を食べたい時はwagajaが殆どだったが、正直私の中でのモヤっとポイントがいくつかあった。(私が細かいだけなのかもしれないが、なになに~?と思う方はメッセージを頂ければ返答致します)
米に走らずとも、また走っても、どちらも旨い絶妙な味付けや、デザートが一人一品でも全く物足りなさを感じない点、価格以上の肉の質、終始気持ち良く食事ができる店員さんの対応と心配り、アルコールやドリンク類の良心的な価格設定等、今回一度の訪問で、これまでの肉放題ランキング1位に急浮上した。
自宅からはやや距離があるが、美味しい肉を食べたいと思った時、我家でのイベント事ではこの店を利用する機会が増えると思う。

参考までにメニュー画像を添付しておく。





店のロゴマークは店長のかずさんご本人だと、会計時に判明した。

ミートスミスについて調べてみた所、開店ポータルさんというサイトで取り上げられていた。
そちらで分かったことは、
・出来合いメニューは出さず、手作りに拘る
・道産牛一頭買い
・豚ホルモンは毎朝その日に屠畜されたものを仕入
記事中には店長インタビューもあり、意気込みを読むと、半年以上経った今でも、我らにもしっかりそれが感じられた。

更に食べログによると、この店は、食肉卸会社運営の直営店とのこと、なるほど、それで上質な肉を良心価格で提供できるのかと納得した。

会計時には、来年一月末まで有効期限があるスペシャルクーポンも頂いた。
予約時に今日はガラガラなんですと店長が話していた店内も、退店時には待ち客が出るほどの盛況ぶりだった。
客層も家族連からカップル、熟年層まで実に幅広かった。
是非とも末永くこの素晴らしいサービスを続けて行ってほしい店だと強く感じた。

【今回の支払】¥3300 援助を受けた!次は家族で♪

【店舗情報】

みんなのまちのお肉屋さん ミートスミス(厚別店)

住所:札幌市厚別区厚別西4条6-775-19
電話:050-5593-6004
定休日:無
営業時間:17:00~23:00
席数:122(宴会36名まで対応可)
喫煙:可
駐車場:有(敷地内共用)
LINE@:有

遠くてもそれだけの価値はある店だと感じた。

 - 焼肉, 放題, 厚別区